AIRA Compact S-1 のエフェクトはこんなに進化していた!

MYSTUDIORECORDING

AIRA Compact J-6 vs S-1 Reverb 対決

Roland AIRA Compact は本当に面白い。特に今年の春に登場した AIRA Compact S-1 Tweak Synth はホントに良いシンセサイザーだ。イジっていて音作りが楽しいし、USB-C を接続すれば MIDI もオーディオも送受信でき、音源としても充実している。

最近、AIRA Compact シーズンワンの J-6 を手に入れたのだが、たった 1年で AIRA Compact がとてつもなく進化していると感じさせるのが「エフェクト」だ。J-6 がコードメイキングとシンセサイザーの双方をカバーすることから、音色のエディットに注力できなかったのは分かるが、S-1 は音色エディットのためのパラメータが豊富に用意されている。J-6 / S-1 には双方 DELAY / REVERB が搭載されているが、中身は完全に別物だ。どのくらい違うのか、J-6 と S-1 のリバーブで比較してみた。

AIRA Compact J-6 vs S-1 リバーブ対決

J-6 / S-1 には両機ともパネルに DELAY / REVERB というノブが搭載されている。どちらもエフェクトの MIX を操作できるのだが、S-1 を先に入手していたため、J-6 を触った時に「え??」となった。J-6 に搭載されているリバーブがイマイチ使いに食いのだ。J-6 に搭載されているリバーブはリバーブタイムが短いショートリバーブだ。ファットなサウンドである JUNO-60 系のプリセットにマッチする音作り用のエフェクトと考えた方がいい。

一方、S-1 に搭載されているリバーブは専用リバーブエフェクター並みの性能だ。搭載されているリバーブ種はなんと 7種類もある。

Ambience / Room / Hall 1 / Hall 2 / Plate / Spring / Modulate とリバーブのタイプが選択でき、かつリバーブ音の長さ、レベル、プリディレイ、High/Low カット、リバーブ音の密度も設定できる。

おそらくは既存のリバーブ回路 ACB をそのまま移植したんだろうが、非常に贅沢な作りになっている。もちろん、DELAY も同様に高性能だ。

AIRA Compact S-1 Tweak Synth はホントに良いシンセサイザー

AIRA Compact

もちろん、J-6 はコード生成などの役割にフォーカスしていて、JUNO-60 のプリセットを固定で搭載し、「FILTER / ENVELOPE のみで表情を付けてね」と割り切ったのも納得感がある。S-1 並みのパラメータにしたら、同時に発売された T-8 や E-4 と一緒に遊ぶ、なんてことは難しくなっていただろう。

AIRA Copmact はコンパクト音源としても丁寧に作られていて、DAW に接続された MIDI キーボードで弾いても違和感なく扱うことができる(配線は USB-C でスッキリだ)。きちんとダンパーペダルも動作するし( KORG Volca シリーズはダンパーコントロールを差別化のために制限している)、なんとベロシティにも対応している。

AIRA Compact J-6 ではアサインされていなかったピッチベンドやモジュレーションホイールだが、AIRA Copmact S-1 はしっかり対応している。そして、パネルにあるノブのほとんどを MIDI CC で記録・再生することさえ可能だ。

「はじめてのシンセサイザーが AIRA Compact S-1 だった」というのは、1980年代に「はじめてのシンセが Roland SH-101 だった」というのと同じくらいのインパクトだと思う。それくらいイイ。

はじめてのシンセサイザーに、アナログシンセサイザーのエッセンスを DAW にインテグレートしたい玄人にもオススメです。


Roland(ローランド) TWEAK SYNTHESIZER S-1
Roland(ローランド)
¥21,000(2024/07/14 09:33時点)
往年のシンセサイザー SH-101 を基にして生まれた、新しいマイクロ・ポリシンセ
ローランド Beat Machine Roland T-8
Roland(ローランド)
¥23,800(2024/07/14 09:33時点)
エレクトロニック・ミュージックのビートメイクを手軽に楽しめるビート・マシン
Roland AIRA Compact J-6 CHORD SYNTHESIZER ローランド
Roland(ローランド)
¥22,000(2024/07/14 09:33時点)
・ユーザー・パターン数64・シーケンサー最大64小節
ローランド VOICE TWEAKER Roland E-4
Roland(ローランド)
¥24,750(2024/07/14 09:33時点)
E-4は、お手軽に声を操って音楽に変えてしまうボイス・エフェクターです。声を変化させる多彩なエフェクトにルーパーを組み合わせて、一味違うボーカル・パフォーマンスができます。

ハイタイド ペンコ ストレージコンテナ 4個セット グリーン EB013
HIGHTIDE
¥1,650 (¥412 / 個)(2024/07/14 09:33時点)
【サイズ】(S) 幅19.7 × 高さ12.5 × 奥行4.5 (cm)、 (M) 幅20.7 × 高さ14.0 × 奥行5.4 (cm)、 (L) 幅22.0 × 高さ15.5 × 奥行6.0 (cm)、 (LL) 幅23.5 × 高さ17.0 × 奥行7.0 (cm)
PENCO ペンコ ストレージコンテナー イエロー [EB013]?
HIGHTIDE
¥1,870(2024/07/14 09:33時点)
サイズ:(S) 幅19.7 × 高さ12.5 × 奥行4.5 (cm)、 (M) 幅20.7 × 高さ14.0 × 奥行5.4 (cm)、 (L) 幅22.0 × 高さ15.5 × 奥行6.0 (cm)、 (LL) 幅23.5 × 高さ17.0 × 奥行7.0 (cm)

MYSTUDIORECORDING
この記事をシェアしてくれると、とても嬉しい😆
Follow Me !
波形研究所 所長

WAVEFORM LAB(ウェーブフォーム・ラボ) は音楽制作、デジタルライフ、イノベーションをテーマとするサイトです。

1997年、伝説の PDA、Apple Newton にフォーカスした Newton@-AtMark- を開設、Newton や Steve Jobs が復帰した激動期の Apple Computer のニュースを伝えるサイトとして 200万アクセスを達成。2001年からサイトをブログ化、2019年よりサイト名を WAVEFORM LAB に改称、気になるネタ&ちょっとつっこんだ解説をモットーにサイトを提供しています。

Follow Me !
WAVEFORM LAB

コメント

タイトルとURLをコピーしました