ABL3 – audiorealism Bass Line 3 – Roland TB303 のクローン音源がアップデート、Apple Silicon M1 にも対応!

RECORDING

ABL 3

Roland TB-303 のソフトウェアクローンとして名高い audiorealismABL – audiorealism Bass Line がバージョンアップ、Apple Silicon に対応した。

ABL 3.3.0 で Apple Silicon に対応

Roland TB-303 の再現度がハンパでないと ABL 3。BEHRINGER が TB-303 クローンを発売した際にあまり積極的に取り上げなかったのは「それってどーなのよ」と思うのと、個人的にはこの ABL 3 の方が取り回しがしやすかったから。サウンドは抜群だし、TB-303 特有の入力メソッドを使わずして普通に MIDI を書けば鳴らせるのがメリット。

現在は本家 Roland Cloud で音源があるのだけれど、ABL の良さは失われていない。今回のアップデート、3.3.0 では 3種類のオーディオエンジンが選択できるようになり、また、Apple Silicon M1 に対応した。今回のアップデートによる変更点は

– Apple M1 and Intel compatible (native M1)
– Three audio engines to choose from (can be switched on the fly)
– Distortion and drive from ABL2 makes a come back
– Shuffle with MPC timing modes
– Defects switchable in audio engine 3 (broken accent and/or slide)
– Shift+Click for 303 style programming mode (note on, tie, rest)
– Bass and Treble controls added to the Setup page
– TD-3 pattern import

ABL3

ABL3 UI

ABL3x

新しくなった ABL3x の UI(右上にエフェクトが追加、暗くなった?)

ABL3.3.0 は既存の ABL 3 と並存ができる(ABL3x と表示される)。ABL3x は ABL とかなり違い、ABL2 に搭載されていた DRIVE / DISTORT / HGIHPASS ノブが復活して搭載されている。

SETUP ページの UI も変更され、上記のエフェクトのセッティングが追加され、ちょっと意味が分からなかったグラフモデルはなくなった。

オーディオエンジンは、MODEL1(TB303のクリーンなサウンドモデル)/ MODEL2(ABL3 デフォルト)/ MODEL3(MODEL2 のダートとボトムが抑制されたもの)をオンザフライで変更できるようになった。TD-3 のパターンインポートも使える。

ABL3x Setup

そして、Apple Silicon M1 にネイティブ対応したのも嬉しいところ。Roland Cloud はサブスクですが、ABL は買い切り。TB-303 サウンドを使う人はぜひ試して欲しいプラグインです。

以前、ABL3 を紹介する動画と、ABL3 で遊んでいる動画をアップしているので参考に。

Roland ローランド/TB-03 Bass Line ベースライン
Roland(ローランド)
¥55,000(2022/11/28 04:05時点)
■ユーザー・メモリー・パターン:96(4グループ(I、II、III、IV)×3セクション(A、B、C)×8パターン)
Roland ローランド/TB-3 Touch Bassline ベースシンセサイザー AIRA (TB3)
Roland(ローランド)
¥38,000(2022/12/04 16:13時点)
ベース・シンセサイザーの名器TB-303のすべてを精密にモデリング

コメント

タイトルとURLをコピーしました