SYNTHOGY Ivory

投稿日: カテゴリー: RECORDING

Synthogy久しぶりにTomahawk Field からのネタ。 SYNTHOGY Ivory というサンプルプレイバック型のピアノ音源。 Steinway D 9′ Concert Grand、 Bosendorfer 290 Imperial Grand、 Yamaha C7 Grand の20GB のサンプルは実に強力そう。 VST / RTAS / Audio Units をサポート。価格は $349 。

デモを聴く限り、すごくピアノしてる。ステージピアノのようで素晴らしい。 Steinway のコンサートグランドはオーバーだけど、 Bosendorfer と Yamaha C7 は使えそう。ひとつ欲しいなぁ。

SYNTHOGY Ivory」への6件のフィードバック

  1. やっぱりMAC版先行との事。俺はWIN版出るまで待つよー。
    税込みその値段なので、実際店頭はおそらく4万5千円前後かなーと勝手に想像。
    そういや、MachFiveのピアノって使った事ないや。明日やってみよう。

  2. Power Mac G5 になるまで全く弾かなかった MachFive の Bosendorfer
    (500MB弱)を今作っているプロジェクトで弾いてみた。ピアノ単体で弾くと
    それらしいんだけど、エレクトリックなバックに乗せるのなんか変。音が薄いぞ。
    EQ でいじってあるのかもしれないけど響きの部分が人工的。Bosendorfer は
    分厚くて明るい音がするイメージがあるんだけどなぁ。
    ピアノが欲しくなってきた。5万円弱か。参ったなー。トリロジーを買おうと思ってたんだけど、惹かれるぞー。

  3. 日本だと代理店メディアインテグレーション。予価¥49,140。4万くらいだと思ってたけどちょっと高いのかも。売値でどこまで下がるかな。
    しかし、動作環境を見たらMac版オンリーなのか?本家の方はPCのバナーもあったと思うんだけれども〜。
    http://www.minet.jp/

  4. これを持っておくとピアノはオーケーになりそう。
    ピアノのサンプリングCDで素晴らしいのもあるんだろうけど、
    3種類のピアノ音源で$349というのは安いかも。安心感もあるし。

  5. こ、これヤバいっしょー。
    Steinwayを知ってる人に聴かせたら、「そうそうこんなだよ」という返事が。YamahaはちゃんとYamahaしてるねー。
    うわー、これがあったらもう悩まなくてもいいなあー。

コメントは停止中です。