スティーブ・ジョブズ神の交渉術

BOOK

スティーブ・ジョブズ神の交渉術のんびりのんびり。昨日から スティーブ・ジョブズ神の交渉術 を読んでいます。 Steve Jobs の神懸かり的な交渉術(というか、強気の交渉過程、「術」じゃぁないだろ)とプレゼンテーションについて書かれたものです。

Apple の歴史、Steve Jobs の性格にまつわる話を知っている人には「はははは、痛快だ、こりゃ」と楽しんで読めます。初めて読む人は「こんなのアリなの?」と戸惑うこと請け合い(笑)。

思い返せばダメダメだった Apple に復帰してからというもの、確かに激動でしたね。ちょうどインターネットの本格普及がシンクロしたことで Steve Jobs のプレゼン(音声)をストリーミングで聴くことができたりして、その巧さに驚いたし、映像が見れるようになると、また驚きが増したり。

個人的には NeXT の頃の Steve Jobs の話も読んだり聞いたりしていて(親父がファンだった)、Apple に復帰した時は( Apple が経営的にマシになるというより、もっと面白くなると)それは喜んだものだけど、その後、俺の Newton を殺しやがって、と複雑な思いがあったりして。

Steve Jobs は初心を曲げないことで有名ですが、 Apple に復帰する直前、「 Apple に戻ったとしたらどうする?」と聞かれた彼は「 Mac で儲けられるだけ儲けて、その金で別のことをやる」と答えてました。なんか、その通りになっちゃってるのが凄いね。迷惑な話だ。

BOOK
この記事が気に入ったら
フォローしてね!
最新情報をお届けします。
この記事をシェアしてくれると、とても嬉しい😆
いろんな WAVEFORM LAB をフォローしよう!
WAVEFORM LAB

コメント

  1. もし今日が自分の人生最後の日だとしたら

    iPodやMacintoshでおなじみの『アップル』の創設者、スティーブ・ジョブズさんの有名なスピーチからです。 メモメモ¢(。。;)

タイトルとURLをコピーしました