MASCHINE とシンセなど外部 MIDI 音源を連携する – 専用プリセット導入で簡単にセットアップ

投稿日: カテゴリー: MYSTUDIO, RECORDING

MASCHINE と monologue を接続

KORG monologue はモノフォニックアナログシンセサイザーながらフル・プログラマブル。MIDI CC により各パラメータをコントロールできるのが嬉しい。なので monologue による楽曲を作るには DAW と連携させるのが便利だ。DAW でシーケンスを実行させれば、KORG monologue ではノブ操作に集中できる。また、ノブ操作を DAW で録音して演奏をリコールすることもできる。

MIDI CC のオートメーションを MASCHINE で書いた記憶がないし、ここは MOTU Digital Performer が便利かな、と思うのだが、音楽環境的問題が。DP9 経由で monologue をコントロールするには MIDI とオーディオの双方を MOTU 828mk2 に接続することになる。音源ラックにマウントされている MOTU 828mk2 が机から遠い。

オーディオケーブルは机の近くまで常設しているのだが、MIDI ケーブルはない(マスターキーボード Native Instruments KOMPLETE KONTROL S61 は USBで Macに直付けだ)。しかも送受信で2本必要。

あー、こりゃ面倒だー

「素人が労を嫌ってどうする」と思うのだが、手持ちのリソースでなんとかするのも素人だ。ちょっと調べると、MASCHINE でもイケそうだ。というよりかなり便利だった!

MASCHINE は MIDI CC による外部音源との連携が可能だ

MASCHINE で外部音源を操作するのはやったことがなかったが可能だった。というか、MASCHINE 2.6 から MIDI CC による外部MIDI音源のコントロールができるようになった(つい最近の話じゃないか)。各サウンドにMIDIのCCを割り当ててコントロールする。しかも MASCHINE なら8つのノブが使える!

これなら KORG monologue で使うノブを8つまで MASCHINE Mk3 に割り当ててしまって、あとは KOMPLETE KONTROL S61で弾いてしまえば、オクターブスイッチを切り替える必要もないじゃん、ペダルも使えるし!これはとても便利そうだ。

MASCHINE 2.6 から MIDI CC による外部MIDI音源のコントロールができるようになった

なんと、ポピュラーな機材のプリセットまであった

調べると、外部ハードウェア楽器をコントロールするために MASCHINE で MIDI プリセットを設定する というサポートドキュメントがあった(必読)。これを読むと、なんとポピュラーな MIDI 楽器をサポートしたプリセットファイルがダウンロードできるではないか!

MIDIPresetsForExternalMIDIDevices には 116のMIDI音源のプリセットが収録されている。収録楽器のリストがないようなので全部は紹介しきれない。ダウンロードしてみる方が早い。116種の楽器、ということではなく、例えば Novation Circuit だとイメージのように音源やセッションごとのプリセットがある。

Maschine External MIDI Devices Presets Novation

MIDI CCまで使ってコントロールしたい音源、ということでアナログシンセサイザーやグルーブボックスが中心だ。 Moog Minitaur や Mother 32、KORG なら Volca シリーズや minilogue / monologue 、Dave Smith Instruments Prophet 6、Roland TR-8/08、TB-3/03 と分かる人には分かる、なかなかマニアックなラインナップだ。すまん、ポピュラーじゃなかった(ヤマハとかひとつもないや)。

では接続してみよう

MASCHINE で KORG monologue 用のプリセットを読み込んでみる。1つのサウンドスロッド(パッド)に KORG monologue の MIDI プリセットをアサインする。そしてとなりのサウンドスロッドに monologue のオーディオをルーティングする。これで KORG monologue の音にエフェクトをかけることができるようになる。MIDIのサウンドスロットの MACRO ページを開くとこんな感じ。

Maschine Korg monologue Mcro
MASCHINE のノブに monologue の操作がアサインされている

スクリーンショットはマクロのページを切り替えたものを3つ縦にならべているけど、monologue の各操作が MASCHINE からできるようになってる! MASCHINE & monologue 万歳!

波形選択やオクターブ切替えのように monologue ではスイッチのものまでダイヤルノブになっているところはあるが、ちょっとした操作を MASCHINE 側で行えるのは便利だ。実際のインプット操作はやはり monoluge でやる方が便利なことが多いが、MASCHINE のほか、KOMPLETE KONTROL S61 にもダイヤルノブがあるので、手元で集中操作したい時には重宝すると思う。

MASCHINE と monologue 、相性抜群です。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください