MASCHINE MIKRO – 価格改定で存在感、MASCHINE の入門機

RECORDING

Native Instruments MASCHINE MIKRO の販売価格が改定されています。旧価格 41,800円が 34,800円の 7,000円引きに。

MASCHINE をメインに使おうと思っているのなら、MASCHINE Mk3 をオススメするけど、「主にリズムトラックメイキングに DAW と組み合わせて」と考えているのなら、MASCHINE MIKRO はアリだ。実際、パッドの演奏やレコーディングをやるなら MIKRO でも問題なく出来る。

MASCHINE MIKRO と MASCHINE Mk3 と比べて欠けているのはディスプレイ、ショートカットボタン、オーディオ入力、ノブだ。

僕は両方持っているので迷う必要がない(一昔、ソニー・プレイステーションとセガ・サターンを両方持っていた時の安心感に似ている)のだが、両方使ってみて思うのは、ディスプレイは Macの画面を見て操作するスタイルなら特段不自由はない。ショートカットボタンは我慢すればいい。オーディオ入力装置を持っているならそれを使えばいい。問題はノブだ

MASCHINE Mk3 : デザイン・操作性・機能性すべてをアップグレード、極上・輝くトラックメイキングツール

作ったトラックをリアルタイムで出したり引っ込めたり、フィルターを開けたり閉じたり、とにかく忙しく操作するパフォーマンスを楽しもうと思っているのなら、MASCHINE Mk3 一択だ。すぐに楽器屋に行こう。逆に、打ち込み中心で DAW との併用前提なら MASCHINE MIKRO で全く問題ない。

「大は小を兼ねる」というが、MASCHINE MIKRO の小ささはひとつの価値だ。正直、MASCHINE Mk3 を持ち出そう、という気にはならない。MASCHINE MIKRO ならば MacBook と一緒に持ち出せば、喫茶店でも公園のベンチでもトラックメイキングができる。自分も1曲、街の図書館で作りきったことがあるが、その時は MASCHINE MIKRO だった。あまりに楽しいのでビデオを撮ったこともある。

自分の経験から、一度 MASCHINE がアンテナにひっかかって気になり始めた人は、それは収まらないですよ(笑)。今から AKAI MPC というのはあまりないと思いますが、安くなったことで敷居は低くなったと思います。MASCHINE はオススメです。

NATIVE INSTRUMENTS ネイティブインストゥルメンツ/グルーヴ制作システム MASCHINE MIKRO MK3
Native Instruments
¥23,629(2020/07/03 12:38時点)
パワフルなソフトウェアと優れた感度のハードウェアが連動した、コンパクトな音楽制作インストゥルメント。Pad modeでドラミング、Keyboard modeでメロディー演奏、Chord modeでコード進行の作成、Step modeでステップシーケンサーのプログラミングなど、16のパッドを使った4つの演奏モードを装備
Native Instruments グルーヴ制作システム MASCHINE MK3
Native Instruments
¥69,500(2020/07/03 12:48時点)
サンプラー、アレンジャー、ミキサー、FX等を搭載したハードウェア/ソフトウェアの統合システム

RECORDING
この記事をシェアしてくれると、とても嬉しい😆
いろんな WAVEFORM LAB をフォロー!
波形研究所 所長

WAVEFORM LAB(ウェーブフォーム・ラボ) は音楽制作、デジタルライフ、イノベーションをテーマとするサイトです。

1997年、伝説の PDA、Apple Newton にフォーカスした [email protected] を開設、Newton や Steve Jobs が復帰した激動期の Apple Computer のニュースを伝えるサイトとして 200万アクセスを達成。2001年からサイトをブログ化、2019年よりサイト名を WAVEFORM LAB に改称、気になるネタ&ちょっとつっこんだ解説をモットーにサイトを提供しています。

いろんな WAVEFORM LAB をフォロー!
WAVEFORM LAB

コメント

タイトルとURLをコピーしました