Spectrasonics が久しぶりの製品メジャーアップデート – スタンドアローンアプリケーションを提供

投稿日: カテゴリー: RECORDING

Spectrasonics 201801 Upadate
Spectrasonics のアップデートフォロー。Spectrasonics の最新製品、しかも鍵盤系製品である Keyscape さえ買えてないのですが、僕は Spectrasonics のファンです。Spectrasonics は滅多に製品アップデートをしない(普段は何をしているんだろう)のですが、2018年、各製品のアップデートを行いました。

アップデートといっても機能追加などのメジャーアップデートのことで、クライアントのオペレーティングシステム対応やバグフィックスはコツコツやってるんだけど、今回は「新機能」が提供されています。

Keyscape、Omnisphere 2、Trilian、Stylus RMX 各製品について、スタンドアローン版が提供されました。

以上。

僕が持っているのはグルーブエンジン Stylus RMX とベース音源の Trilian(ベース音源は Trilogy からのアップグレード)。Stylus RMX はよく出来たリズム音源で、多彩なグルーブサンプルがあるだけでなく、サンプルのスライスを再構成して新しいループを作ったり、各スライスを MIDI からコントロールできたりします。そもそもオーディオサンプルのテンポチェンジの品質が高い。

使わないような機能がいろいろ付くより、使う機能の簡単にアクセスできる方がいいに決まってるんですが、まぁ、滅多にアップデートしないよね。Stylus RMX なんて単体で動作して楽しい製品ではないのでスタンドアロンがなくても特段困らなかったのですが、Keyscape は演奏系の製品でもあるので、まぁ、便利になるんですね。

細かくはアプリケーションのアップデート系の機能が付いたり( Omnisphere 2 と Keyscape には Smart Update という機能が提供される)、Spectrasonics 製品のアップデートファイルがまとめてダウンロードできるようになったりしています。同2製品は MIDI Program Change コマンドにも対応しました。

記念に最新バージョンをメモしておきます。

Omnisphere v2.4
Keyscape v1.1
Trilian v1.4.3f
Stylus RMX v1.9.8f

今回、内蔵シンセサイザーのみを使ったプリセットもリリースされているみたいですが、サウンドエンジン系は技術力が高いので、面白い製品をバンバン出して欲しいんだけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください