KORG Gadget Memphis と KORG MS-20 プラグインの違い

MYSTUDIORECORDING

Memphis (Semi-Modular Analogue Synthesizer)
KRG Gadget 2 または KORG Gadget Plug-ins for Mac / PC で追加された Memphis Semi-Modular Analogue Synthesizer) いいですよね。でもこのガジェット、古くから KORG Legacy Collection のプラグインとして存在してたんですよ。なので、KORG Legacy Collection ユーザとしては「あぁ、また移植したのね」という感じ。Pompei (6Voices Analogue Synthesizer) の Polysix しかり。

なので、Digital Performer でプラグインとしてみると、双方別々に使える。気になるので比較をしてみた。

KORG Gadget Memphis

KORG Gadget Memphis(クリックで拡大)

KORG Legacy Collection MS-20

KORG Legacy Collection MS-20(クリックで拡大)

えー、ほとんど同じと思うでしょ。これが結構違うんですよ。まずプリセットは双方で全然違う。Gadget は新しく作り込んだ感じ。使えるパラメータに違いがあるので当然か。

同じパラメータにして鳴らしたところ全然違うサウンドに。原因は KORG Legacy Collection の方には VOICES モードというのが左端にあって、ユニゾンとしてかけられるボイス数が違うんだな。これがオンになっているとサウンドが途端に生き生きとする。デフォルトで 3 Voices がのっかったモノになってるのよ。また、EXTERNAL MODULATION も違う。

また、ユーザインターフェイスは Memphis が実機を写真で撮ったっぽく作っているのに対し、MS-20 は CG という感じ。操作する側からすると MS-20 の方がパラメータ名を見やすい。ちなみに Memphis はエフェクターを搭載しているね。

「結構違うな、おい」という感じ。MS-20 プラグインを見直したよ。個人的には MS-20 を立ち上げると思う(が、KORG Gadget 2 で作ったプロジェクトは Memphis になっちゃうか)。

この調子だと、Polysix の方も違うみたい。こっちはオリジナルを調べないと分からないんだけど、Pompei は使える波形数からして全く違う。こっちはまたの機会に。

MYSTUDIORECORDING
この記事が気に入ったら
フォローしてね!
最新情報をお届けします。
この記事をシェアしてくれると、とても嬉しい😆
いろんな WAVEFORM LAB をフォローしよう!
WAVEFORM LAB

コメント

タイトルとURLをコピーしました