2019年 iMac リニューアル、連日の新製品ラッシュ・Intel Core i9 8コアモデルも

COMPUTER

2019 iMac

んと iMac もリニューアルされちゃいましたね。iPad だけでなく、iMac も今年に買い替えるつもりだったので、もうびっくり。

たぶん、WWDC で Mac Pro のデモなり予告なりすると思うんだけど、iMac Pro も Mac Pro も予算的に買えないので iMac をチューンするつもりです。ちなみに iMac はスペックをどんなにアップしても、macOS の対象機種は発表年でくぎっているので、チューンもそこそこがいいと思います。そこそこのものを買い替える時代なんですかね。

iMac 2019 の特長

今回はマイナーアップデート。コンシューマ向けデスクトップとしては完成の域にあるデザインなので、変わったのは CPU とメモリのインプリメントが中心。

プロセッサ

2019 iMac CPU
21.5インチモデルでは第8世代、27インチモデルでは第9世代の Intel Core プロセッサを選択できるようになった。特に 27インチモデルではオプションで 3.6GHz 8コアIntel Core i9 が +55,000円で追加可能。いいねー。

メモリ

メモリは標準 8GB 搭載されてます。21.5インチモデルはメモリの変更はサービスセンターで、ということでユーザが変更できない(ルール的に)仕様になっている点に注意。27インチは「ーザーがアクセスできるSO-DIMMスロット x 4」と記載されています。

グラフィックボード

27インチの最上位機種のみ Radeon Pro Vega 48(8GB HBM2メモリ搭載)を搭載可能になった。

チョイスはどうするか

2019 iMac

新しい iMac は従来通り、21.5インチ最小構成で 120,800円(税込み 130,464円)、27インチモデル最大構成で 591,100円といったところ。最大構成で 180万円になる iMac Pro に比べれば安いもんです(苦笑)。

でも、iMac Pro と比べる場合、マシン速度以外の要素、たとえばディスプレイとかはスペック同じなんですね。インターフェイスも Thunderbolt 3(USB-C)ポート数と Ethernet の速度以外は同じ。

2019 iMac IO

なんで、27インチモデルがおススメなのかな。まぁ、ご予算次第。家庭用のデスクトップなら 20万は切りたいよね。安くしたいなら Mac mini があるのでそっちで。最安ながらプロ気取りのスペースグレーカラー(最近、Apple プロダクトのライン構成は混沌としてますよね)で 89,800円 (税別)で買えます。

波形研究所長
波形研究所長
個人的に購入するのは 27インチのミドルレンジモデルをチューンする予定。一番負荷がかかるのは Final Cut Pro X 。なのでまぁまぁ速いモデルがいい。ストレージは SSD 一択(Fusion Drive は信用ならん)。メモリ 16GB で SSD 512GB で 275,800円(税込み 297,864円)。げ、前と同じくらいかかるじゃん(涙)。
COMPUTER
この記事が気に入ったら
フォローしてね!
最新情報をお届けします。
この記事をシェアしてくれると、とても嬉しい😆
いろんな WAVEFORM LAB をフォローしよう!
WAVEFORM LAB

コメント

  1. Takeshi Funahashi より:

    今年にデザインが変わるかどうかは脇に置くと、私も27インチ5Kディスプレイのモデルが次の買い替え選択肢です。同じくメモリは16GBで。ドライブはどうしたもんですかねー。今のMBPからの移行を考えると2TBのフュージョンドライブかと思っていたのですが、信用なりませんかw。
    まあ、いずれにしても30万円程度の出費は必要かと思っております。

    • takefumi より:

      Fusion Drive はスピード遅いです。SSD に慣れてるとね。ハードディスクはたくさんあるし。