WWDC19 : 基調講演の私的まとめ

COMPUTER

WWDC19

WWDC19 が開催されている。今年は多忙で深夜のキーノートはリアルタイムでチェックできなかったんだけど、Apple Special Event. June 3, 2019. KEYNOTE で一応、全部チェックした。各所で詳細が報道されているので、今年は感じたことをメモ、くらいの気分でまとめておきます。

全般 – 今年の WWDC19 のメッセージ

Apple Private Relay
そもそも WWDC は開発者や Apple 製品をからめたソリューションベンダーのためのイベントなので、Apple が考えている世界観や今後の展開を実際の開発ツールや開発計画とともにパートナーに伝えるという性格がある。マーケティング部隊が活躍する新製品発表イベントとは異なり、Apple の開発チームがジョークも交えながら、開発パートナーに知ってほしい情報を共有するイベントだ。

今年の WWDC で Apple がアピールした世界観は「プライバシー保護」だと思う。デバイスはよりパーソナルデータを扱うようになり、それを支えるテクノロジーとしてデバイス上でのプライベートデータ処理と、匿名化されたクラウド処理を組み合わせる方針を徹底するようだ。

認証サービスの Sign with Apple なんか面白いと思う。ターゲット広告を展開する企業群には迷惑な話だろうが、自分の情報をコントロールする、という面ではユーザとしては安心・安全を実現する世界観だと思う。

次に、注力する分野を明確にしたのも特徴。iOS から iPad を iPad OS として切り離した点、AR(拡張現実)関連への注力、Voice Control へのテコ入れ、Swift UI など、開発者に活用して欲しいテクノロジーを明確にしたといえる。

各製品のアップデート

Mac Pro

  • watchOS
    ウォッチのフェイスがいくつか追加された。最新モデルで表示領域が拡大した Apple Watch Series 4 はともかく、それ以前の各モデルで使えるフェイスがどれなのか興味があるところだ。アプリも Apple Watch 単体でインストールできるようになった。セルラー機能を搭載した Apple Watch モデルが欲しくなる。ヘルスデータのダッシュボードもより詳細になり、Apple Watch の満足度は向上するだろうな。

  • iOS 13
    ダークモードがフィーチャーされた。カメラ、写真、マップ、リマインダーは実に強化されるようだ。マップのストリートビューが日本に来るのはまだまだ先だろうが、iOS 13 はユーザとしては楽しみなアップデートとなるようだ。

  • AirPods
    AirPods は使い勝手が広がる。Siri がメッセージ読み上げてくれるようになり、サードパーティにも Siri コミュニケーションが開放される。音楽を iPhone ユーザ同士で一緒に聴ける機能も追加される。

  • iPadOS
    iOS から iPad サポートが独立し、iPad OS として独自に進化させることになった。より PC に寄ったタスクをカバーするため、マルチタスク、外部メモリサポートやファイル・テキスト処理が強化される。WWDC19 のビデオで iPad Pro が欲しくなった人も多いだろう

  • Mac Pro
    高価なチーズスライサーが発表された。ディスプレイスタンドが 999ドルというクラフトマンシップに会場がどよめいた。

  • tvOS
    PS4 / XBOX のゲームコントローラが使えるようになった。

  • macOS
    macOS Catalina では iTunes の機能を各アプリに分割し、iPad をセカンドスクリーン&入力デバイスとして使えるようになる。写真アプリなども同様に強化される。iOS アプリと mac アプリ開発の同時開発を支援するツール Project Catalyst(旧 Marzipan)を強化し、Twitter の mac アプリが復活する。Bluetooth ビーコンを使ってスリープ中の Mac も探せるようになる。

コメント