KORG Gadget + Apple Pencil = iPad DTM 環境 最強のデュオだった!

RECORDING

KORG Gadget + Apple Pencil = iPad DTM 環境 最強のデュオだった!

日のエントリーの続き。前回は KORG Gadget for iPad でノート位置を指で操作すると微妙な調整が難しくてストレスがたまる、あ、Apple Pencil があるじゃん!というところまでであった。

iPad Air でキングダム、そしてオンガクへ(その1)
iPad Air を使っている。iPad Air を何のために買ったかといえば、音楽制作のためだ。音楽アプリを使うことを想定して、待ち焦がれていた iPad mini の新モデルではなく、画面の広い iPad Air を選択したのだ。けど、

その週末に Amazon プライムデーがあったので、Microsoft Office 365 Solo のライセンスと同時に Apple Pencil を買ってみた。iPad Air 3 を使っているので、購入したのは Apple Pencil(第一世代)。店頭でもほとんど触っていなかったので Apple Pencil 初体験である。

Apple Pencil が来た。長い。

KORG Gadget + Apple Pencil = iPad DTM 環境 最強のデュオだった!
ご存知 Apple Pencil(第一世代)は、白くて、つるりとしていて、丸い。そして長い。

IT化が進んだ現代の大人は意外にもペンを使わなくなっている。仕事柄もあるが、ペンを使うのは LAMY AlStar か週末のピアノ楽譜書き込み用の短い鉛筆。そんなんで Apple Pencil を使うと「長!」と感じる。そして丸くて持ちにくい。

「どうなんでしょう、あれですか、スケッチする人は、鉛筆長めなんですか」とか思う。実際、175.7 mmの Apple Pencil はペン置きにあるどのペンよりも長い。第二世代は 166 mm と 6% ほど短くなっているので Apple も「ははは、長すぎたね」と自覚があるんだろうか。

でも、鉛筆の長さには決まりがあるらしい。

長さについては172mm以上がJIS規格、トンボ鉛筆では176±0.8mmと2番切り・174±0.8mmを基準にしています。
これに近い長さを最初に決めた人は、ドイツ人のルター・ファーバーとされています。1840年頃に「7インチ(17.78センチ)」にしようと提案しています。この長さは、大人の手のひらのつけねから、中指の先までの長さからとったといわれています。太さはJIS規格では最大径8mm以下、トンボ鉛筆の基準では7.7±0.2mmです。- トンボ鉛筆 鉛筆の長さと太さの決まり

なんだ。そんなに長くないのか。すいません。

Apple Pencil、こいつは使える!!!

さぁ、KORG Gadget で Apple Pencil を使ってみよう。ドラムキットガジェット Recife のノートを編集してみる。ノートを Apple Pencil でちょいと触ると….

とてもイイ。ノートの位置指定、ノートの長さ(デュレーション)、微妙な操作が高い精度で簡単に行える。指だとノート自体が指で隠れてしまったり、うまくポインティングできなかったりしたのが、 Apple Pencil だとなんら問題なく、スイスイと編集が進む。

「これは凄い。マジ凄い。」

シンセサイザーガジェットのノブ変更もばっちりポインティングできる。というか、KORG Gadget の操作のほとんどが Apple Pencil でイケる。指を使うのは表示する小節を選択する時、和音ノートを入力する時くらいか。iPad 操作上のストレスが減り、曲作りに集中できる。

「うーん、アポーペンはここまで使えるヤツだったのか」

Mac版の KORG Gadget を含めて考えても、ポインティングデバイスは

Apple Magic Mouse → Apple Pencil → Apple Magic Trackpad

という感じです。

Apple Pencil をどう携帯するか

iPad 本体かケース・カバーに装着する小型ケース
Apple Pencil を使っていて困るのが Apple Pencil をどう持ち運ぶか、iPad に携帯させるか。便利なのでいつでも使いたい。 Apple Pencil は発売から 4年近く経っているのでアクセサリーが結構ある。いろいろ物色したが、系統としては下記の通り。

  • 筆入れ型(ペンケース)
  • iPad 本体かケース・カバーに装着する小型ケース
  • Apple Pencil 格納スペースのある iPadケース

いちばんエレガントながのが、Apple Pencil も収納可能な iPad ケース がいいんだろうね。問題は現時点で「これだ!」というケースがない。取り急ぎ、iPadカバーにアタッチできるペンケースを買ってみた。自分が買ったのはこれ。

Yometome apple pencil ケース アップルペンシル カバー アップル ペンシル キャップカバー 柔らかいシリコン 脱着簡単 紛失防止 6点セット
YOMETOME
¥1,299(2019/09/24 10:21時点)
6点セット: Apple pencil カバー+ケーブルホルダー+キャップホルダー x2(使用中、使用なし)+ペン クリップ+ペン先 カバー (Apple pencilを含まれません)

カバーの端に付ければカバーを後ろ側にひっくりかえしてもさほど気にならない。とりあえずこれで運用している。いいケースが出たら購入しようと思っている。

結論:KORG Gadget + Apple Pencil = iPad DTM 環境 最強のデュオだった!

考えてみれば DTM は DeskTop Music の略語。モバイルで外に持ち出す時点でデスクトップではないし(ラップトップ?)、iPad や iPhone での音楽制作は何て呼べばいいんだろう。ま、ここではモバイル DTM という微妙な言葉を使っているが、Apple Pencil は非常に有効だった、というのが結論です。

今回は Apple Pencil を使った他の話題(ノートやアプリ)は言及してませんが、まぁ、こいつは便利。うん、思ったより便利。そして、KORG Gadget など iPad の DTM 環境、DAW でのノート編集には Apple Pencil の導入は効果的だ。対応 iPad をお持ちの人には強くおススメしておく。

波形研究所長
波形研究所長
アポーペンはマストハブ!

Apple Pencil (第一世代)
Apple(アップル)
¥11,234(2019/09/25 11:47時点)
Apple Pencilは、iPad ProとiPad(第6世代)の能力をさらに広げ、創造力の新しい可能性を開きます。
Apple Pencil(第2世代)
Apple(アップル)
¥14,379(2019/09/24 10:21時点)
iPadProのための新しいApplePencilは直感的で、精密で、魔法のよう。メモを取るのも、文書を書くのも、絵を描くのも、これまで以上に快適になります。
Yometome apple pencil ケース アップルペンシル カバー アップル ペンシル キャップカバー 柔らかいシリコン 脱着簡単 紛失防止 6点セット
YOMETOME
¥1,299(2019/09/24 10:21時点)
6点セット: Apple pencil カバー+ケーブルホルダー+キャップホルダー x2(使用中、使用なし)+ペン クリップ+ペン先 カバー (Apple pencilを含まれません)

RECORDING
この記事が気に入ったら
フォローしてね!
最新情報をお届けします。
この記事をシェアしてくれると、とても嬉しい😆
いろんな WAVEFORM LAB をフォローしよう!
WAVEFORM LAB

コメント

タイトルとURLをコピーしました