Apple 快心の一撃 ー AirPods Pro はワイヤレスイヤフォンの鉄板商品に

PDA / iOS Device / Apple Watch

AirPods Pro

AirPds Pro が発表・発売されましたね。

イヤフォンクラスのプロダクトは特段、発表会などを行わずに投入するのだけれども、実際は AirPods Pro はバカ売れする商品であり、3万円(税抜 28,800円・税込 30,580円)持って店頭に並ぶユーザが列をつくる、というイヤフォン業界では見られない人気プロダクトになった。

レビューがみな高評価

AirPods Pro case

発売日当日たまたま丸の内にいたのだが、Apple Store 丸の内には長い列が出来ていた。「Apple が発売するノイズキャンセリングイヤフォンなら、どんなものでも買う」という層がいるのも確かだが、その後のレビューを見ると、多くが高評価だ。

高評価レビューは以下に集約できるようだ。

  • ノイズキャンセリングの性能が非常に高い
  • ノイズキャンセリング特有の圧迫感が少ない
  • ノイズキャンセリングのオン・オフ切替がスムーズ
  • サウンドはベースを強調したりしないニュートラルな音質
  • サウンド面はこれまでの AirPods と変わらない
  • インナータイプへの変更から、AirPods を落としにくくなった
  • なんと AirPods よりも遅延が少ない
  • 耳からうどん感が若干改善した

サウンドは従来の Apple イヤフォンに準拠するようだが、ソフトキャップの密着により、全音域が聴き取りやすくなったとの評もある。

ワイヤレスイヤフォンがはじめて、という人には鉄板

個人的には現在 AirPods を使っていて、そんなに不満もないので、AirPods Pro への変更はないと思うけど、ワイヤレスイヤフォンがはじめて、という人には鉄板的商品だと思う。

ハイエンドメーカーの登場で、1万円越えイヤフォンが普通になって、ここ数年でイヤフォンの平均価格は急上層している。下手したらイヤフォンがミュージックプレーヤーと同じくらいの価格になっている。

税込みで3万円を超えて、サウンドはニュートラルというイヤフォンもどうかと思うが、実際、使いやすさやノイズキャンセリングの性能、コンパクトなボディ、iPhone との連携などで他社メーカーと差別化は成功している。

「とりあえず Apple 製品を買っていれば失敗しない」という風潮があるが、この印象を体現させるのは実に難しい。実際、HomePod はサウンドが抜群らしいが、が売れているとは聞いたことがなく、Apple でも百戦連勝ではないのだ。その点で、AirPods Pro は Apple の快心のプロダクトなんだと思う。

ワイヤレスイヤフォンはじめての人が羨ましい(笑)。

ちなみに最近の Apple 製品が高い、と感じるのは日本の経済成長力が劣っていて、世帯所得が増加していないから。働き方改革で残業代が減ったり、人口が逆ピラミッドになって若い世帯の出世が遅れたり、こんなんで日本は大丈夫なのかという令和元年もあと2カ月です。

Apple AirPods Pro
Apple(アップル)
包み込むようなサウンドを生み出すアクティブノイズキャンセリング
Apple AirPods with Charging Case (最新モデル)
Apple(アップル)
¥19,213(2019/09/23 18:49時点)
自動でオンになり、自動で接続
Apple AirPods with Wireless Charging Case (最新モデル)
Apple(アップル)
¥24,624(2019/09/24 19:10時点)
自動でオンになり、自動で接続

PDA / iOS Device / Apple Watch
この記事が気に入ったら
フォローしてね!
最新情報をお届けします。
この記事をシェアしてくれると、とても嬉しい😆
いろんな WAVEFORM LAB をフォローしよう!
WAVEFORM LAB

コメント

  1. ふなはし より:

    昨日たまたま銀座に行ったので試してみましたが、確かにあのノイキャンの無響室みたいな音圧はなかったですね。

タイトルとURLをコピーしました