Massive X がアップデート、テーマ・表示サイズのカスタマイズが可能に

RECORDING

Native Instruments の Massive X がアップデート、新しいスキン、表示サイズのカスタマイズ、エンベロープと Switcher LFO の表示を改善。新しいプリセットとともに登場。

新しいスキンのダークモード、ライトモードが加わりましたが、フラットモードはGPU負荷を抑える効果があるとのこと。ちなみにこんな感じです。

Default

Default

Dark

Dark

Light

Light

Flat-Default

Flat-Default

Flat-Dark

Flat-Dark

Flat-Light

Flat-Light

デフォルトが好きですが、Flat-Light の良さげです。ちなみにプラグインでの表示サイズはパーセントで指定できるようになりましたが、画像サイズは実際には変わらないので負荷が少なくなるとかはなさそうです。Flat の GPU 負荷も大して変わらないような。

RECORDING
この記事をシェアしてくれると、とても嬉しい😆
いろんな WAVEFORM LAB をフォロー!
波形研究所 所長

WAVEFORM LAB(ウェーブフォーム・ラボ) は音楽制作、デジタルライフ、イノベーションをテーマとするサイトです。

1997年、伝説の PDA、Apple Newton にフォーカスした [email protected] を開設、Newton や Steve Jobs が復帰した激動期の Apple Computer のニュースを伝えるサイトとして 200万アクセスを達成。2001年からサイトをブログ化、2019年よりサイト名を WAVEFORM LAB に改称、気になるネタ&ちょっとつっこんだ解説をモットーにサイトを提供しています。

いろんな WAVEFORM LAB をフォロー!
WAVEFORM LAB

コメント

タイトルとURLをコピーしました