YAMAHA EZ-TP

RECORDING

YAMAHA EZ-TP YAMAHA が誰でも簡単に吹けるトランペット YAMAHA EZ-TP を発表しました。オープンプライスで11月1日より発売。EZ シリーズの新製品だそうで、たのみこむが発端となった製品とのこと。

僕は学生の頃にトランペットをやってたんですが、あれが誰にでも吹けるというのは「どういう構造なの?」と興味のあるところ。仕組みはマウスピース部分にあるマイクに声を吹き込むらしいです。要は声を出して歌えということ。声だけだったらバルブ操作はいらないじゃんと思うのですが、案の定、バルブ操作がなくても演奏できるみたい。それじゃ、トランペットじゃないだろう(笑)。

トランペットはBbキーを基本としているモデルが多いのですが、そこは C に変更できるみたいです。同時発音が32音というのが全く不明ですが、これは伴奏機能を含んでいるのかもしれません。音は尺八など、ほかの楽器の音も出るとか。

なんだ、全くもって「おもちゃ」だなぁ、と思ったところ、「接続例」を見ると MIDI OUT がある。おおおお。これ、 MIDI コントローラーになるのか?昔、 YAMAHA は口でくわえて使うブレスコントローラーを発売していたが、これが面白かった。ウィンドシンセばりに豊かなソロを吹けてしまう。この EZ-TP が MIDI コントローラーになるなら面白いことができそう。調べてみると、ベロシティとボリュームコントロールしかできないみたい。あー、ピッチベンドとモジュレーションが欲しいなぁ。

伴奏に「ロッキーのテーマ」や「スタートレック」、水曜ロードショーの「水曜の夜」があるので、それなりに気持ちいいかもしれません。

RECORDING
この記事をシェアしてくれると、とても嬉しい😆
いろんな WAVEFORM LAB をフォロー!
波形研究所 所長

WAVEFORM LAB(ウェーブフォーム・ラボ) は音楽制作、デジタルライフ、イノベーションをテーマとするサイトです。

1997年、伝説の PDA、Apple Newton にフォーカスした [email protected] を開設、Newton や Steve Jobs が復帰した激動期の Apple Computer のニュースを伝えるサイトとして 200万アクセスを達成。2001年からサイトをブログ化、2019年よりサイト名を WAVEFORM LAB に改称、気になるネタ&ちょっとつっこんだ解説をモットーにサイトを提供しています。

いろんな WAVEFORM LAB をフォロー!
WAVEFORM LAB

コメント

  1. 桜井 より:

    注文しましたが当分こない様です クラッシクを吹いてみたいと思います 特にラヴェルのボレロ それぞれの 楽器の ソロパートを 一台のEZ−TPで吹けるのか 誰か 試してください  

タイトルとURLをコピーしました