B4 II

RECORDING

B4 II
オルガンシミュレーターの定番が久しぶりのバージョンアップ、Native Instruments B4 II として登場です。国内のアップグレード価格も発表されました。B4 II バージョンアップサービスは11月11日から¥15,750(税込)です。

このNative Instruments B4 II 、新しいトーンホイールの追加、チューブアンプ、スピーカーキャビネット、リバーブ、新しいプリセットなどで、新機能はこのページにまとめられている。

実際のところ、既に完成度が高いソフトウェアだったからか、なんか地味な感じ。新しいトーンホイールとして、Vox Continental、Farfisa Compact、Indian Harmonium が追加されるというけど、これ、前の Native Instruments B4 Tonewheel Set と同じ顔ぶれ。もう持ってる。エフェクトだったら外部でかけられるからなぁ。

心配なのが動作の軽さとサウンドの変化。 NI Battery は I と II で全然音が違う。 Battery I は音がでかめで太かったんだけど、サウンドエンジンが Kontakt 系になってからは薄い感じ。また起動も動作も重い。 Battery I と Battery II は共存できるんだけど、新しい方は使ってない。 NI Kontakt 系の音は好き嫌いもあると思うけど、なんか好きになれない。

NI B4 自体は凄く気に入っているんだけど、微妙ですね、アップグレード。

RECORDING
この記事をシェアしてくれると、とても嬉しい😆
いろんな WAVEFORM LAB をフォロー!
波形研究所 所長

WAVEFORM LAB(ウェーブフォーム・ラボ) は音楽制作、デジタルライフ、イノベーションをテーマとするサイトです。

1997年、伝説の PDA、Apple Newton にフォーカスした [email protected] を開設、Newton や Steve Jobs が復帰した激動期の Apple Computer のニュースを伝えるサイトとして 200万アクセスを達成。2001年からサイトをブログ化、2019年よりサイト名を WAVEFORM LAB に改称、気になるネタ&ちょっとつっこんだ解説をモットーにサイトを提供しています。

いろんな WAVEFORM LAB をフォロー!
WAVEFORM LAB
タイトルとURLをコピーしました