AudioRealism Bass Line 3 : ソフトウェアベースの Roland TB-303 クローン・ウニウニ再現度が最高にいい

投稿日: カテゴリー: MYSTUDIO, RECORDING

AudioRealism Bass Line 3
ウェーデンはウプサラに本拠地を持つディベロッパー AudioRealism による Roland TB-303 クローンソフトウェア音源、AudioRealism Bass Line 3 を導入しました。前から欲しかったのですが、今なら 30% オフになるクーポンコードを配布していたので釣られてみました。

結果、JPY ¥12,969 が¥3,891 オフ、税込で¥9,804となりました。この冬は散財してるなぁ。

TB-303 クローンとして評価が高い AudioRealism Bass Line

今年は本家から Roland TB-303 クローンのハードウェア、Roland Boutique TB-03 が発売されるなど、TB-303 熱が高まった1年でした。TB-303 クローンはハード・ソフトともに数多くありますが、ソフトウェアベースでのプラグイン音源として非常に評価が高かったのがこの AudioRealism Bass Line(ABL)。

2003年に登場した ABL は 2007年の ABL2 を経て昨年、完全にリライトされた ABL3 としてリリースされました。Roland TB-303 の再現性が非常に高いのが最大の特徴ですが、TB-303 特有のパターンシーケンサーのほか MIDI NOTE モード、ノブによる音色コントロール、スケールを意識したパターンランダマイザーなど機能も充実しています。

特に TB-303 やクローンハードウェア実機のオーディオデータから 303 パターンに変換する Wave analyzer も搭載。なるほど、こうすればハードウェアのパターンデータを簡単に移植できる。目からウロコですね。ちなみに、ReBirth や Roland Boutique TB-03 のパターンもインポートできます。

AudioRealism Bass Line 3
実機上部の音色コントロールノブが全面にアサインされている
Roland TB-303
Roland TB-303 – Wikipedia

TB-303 の再現度はもう最高

ABL3 のサウンドを確かめるなら実際のサンプルを聴いてみるのが早いですね。オフィシャルのサンプルを紹介しておきます。どう?凄いでしょ。ReBirth の TB-303 キットに比べるとレゾのかかり方とか、音の太さがいいです。

オリジナル Roland TB-303 の再現度を忠実に求めてしまうと、ローランド製の ARIA TB-3 や Roland Boutique TB-03 でさえ、「ダメ、全然違う」という厳しい世界があるみたいですが、実機がパターン入力やパターン・音色のリコールが大変なこと考えると、ソフトウェアといのもアリ、と思うのですよ。

そりゃハードウェアのノブをウニウニ動かすのはとっても楽しい。だが、ソフトベースでもノブをウニウニ使える MASCHINE Mk3 を使っているので、CUT OFF や Resonance、Decay のコントロールはお手の物なんだな。

AudioRealism Bass Line 3 on MASCHINE
立ち上げただけでノブがちゃんとアサインされている

ほら MASCHINE Mk3 のノブにきちんとパラメータがアサインされているでしょ。これ、プラグインをインサートしただけでちゃんとフロントのノブスイッチがアサインされている。NASCHINE Mk3 は8つのノブがあるからぴったりですよ。

これでノブをいじればもう最高な訳です。Roland Boutique TB-03 には OVERDRIVE や DELEY がついていますが、MASCHINE でコンプ&ドライブの Waves SCHEPS73 をアサインしてみました。サウンドに一挙にドライブがかかって最高です。

オーディオサンプル・動画はそのうちアップしようと思います。実にオススメです。買うならお得な期間にどうぞ。

——-
AudioRealism Bass Line 3 のサウンド&操作デモ動画をアップしました。ぜひチェックを。

AudioRealism Bass Line 3 : ソフトウェアベースの Roland TB-303 クローン・ウニウニ再現度が最高にいい」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です