ベリンガーが MS-101 の商品名を変更 ローランドとの商標問題回避か?

RECORDING

MS-1

BEHRINGER が Roland との商標問題から MS-101 の名前を MS-1 に変更するようだ。

もうすぐ日本でも発売開始される Roland SH-101 のクローン、BEHRINGER MS-101 は MS-1 という名前に変更される見込み。既に本国のサイトでは MS-1 という名称に変更されたモデルが掲載されている(日本では未発売のブラックモデルもあるね)。

米国の商標サイトを Roland Corporation 検索すると、SH-101 を含む往年のシンセサイザーの名称をここ数年で登録しているようだ(SH-101 / TESS)。ベリンガーはあからさまなクローンマシーンを低価格で販売しているので、製品名など正面からの衝突を回避する意図もあると思われる。

ベリンガー ライブパフォーマンスキット付きアナログモノフォニックシンセサイザー MS-101-RD
Behringer(ベリンガー)
¥41,360(2020/09/03 04:14時点)
3340アナログオシレーター搭載モノフォニック・シンセサイザー
ベリンガー ライブパフォーマンスキット付きアナログモノフォニックシンセサイザー MS-1-BU
Behringer(ベリンガー)
¥41,360(2020/09/03 04:14時点)
3340アナログオシレーター搭載モノフォニック・シンセサイザー

RECORDING
この記事をシェアしてくれると、とても嬉しい😆
いろんな WAVEFORM LAB をフォロー!
波形研究所 所長

WAVEFORM LAB(ウェーブフォーム・ラボ) は音楽制作、デジタルライフ、イノベーションをテーマとするサイトです。

1997年、伝説の PDA、Apple Newton にフォーカスした [email protected] を開設、Newton や Steve Jobs が復帰した激動期の Apple Computer のニュースを伝えるサイトとして 200万アクセスを達成。2001年からサイトをブログ化、2019年よりサイト名を WAVEFORM LAB に改称、気になるネタ&ちょっとつっこんだ解説をモットーにサイトを提供しています。

いろんな WAVEFORM LAB をフォロー!
WAVEFORM LAB

コメント

タイトルとURLをコピーしました