MacBook Air – 買いやすくなったハイパフォーマンスな MacBook Air は新学期シーズンにばっちり

COMPUTER

MacBook Air

iPad Pro と同時に MacBook Air がアップデートされた。前回のアップデートが 2019年7月だったので、かなり短期間でのアップデートとなった。日本では新学期シーズンだし、前モデルよりコストパフォーマンスが高いので、これも売れると思う。

前モデルとの仕様差

プロセッサを除くと、外観仕様は前モデルとあまり変わらない。ディスプレイサイズやボディサイズもほぼ同じ(ホントに若干厚くなり重くなっているが)。変更点をまとめると下記の通り。

  • プロセッサはイマイチだった Core i5 8210Y からクワッドコアの Intel Core i5/i7 を選べるように
  • Touch ID 搭載キーボードは 16インチMacBook Proで採用されたシザー構造のものに変更
  • Multi-Touchジェスチャー対応のトラックパッドは 20%広くなった
  • 「一世代前のモデルと比べて低音が2倍に」というのは意味が分からないけどスピーカーが改善された
  • ストレージは 2TBが選択できるように
  • Intel Iris Plus Graphics 搭載、Thunderbolt 3対応の外付けグラフィックプロセッサ(eGPU)に対応

MacBookAir-Key

性能が上がって価格が安くなった

MacBook Air 2020
一昔前は「安くて安定したポータブル Mac」というイメージがあった。確か、8万円台からのモデルもあったはず。それが 2018年から価格が高くなり、MacBook との住み分けも分かりにくくなった。2019年には 119,800円(税抜)からとなり、今回のモデルでは 104,800円(税抜)からとなった。買いやすい Mac ポータブルの位置に戻ってきた感じだ。

クワッドコアモデルは 134,800円から。デュアルコアモデルからもオプションで 1万円足せばクワッドコアが選択できる。デュアルコアモデルをベースに学生用途として 1.1GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサにアップグレード、ストレージは 512GB と変更しても 134,800円。かなりコスパはいいんじゃないだろうか。

iPad Pro が値下げになりハイパフォーマンスなデバイスになってきたが、生産性は MacBook Air の方が断然高い。iPad Pro にキーボードを足せばほぼ同じ価格帯となるが、Mac は Mac だ。新学期にオススメの機種だと思う。

ちなみに今回、Mac mini も実質値下げされているので、Apple は値下げしてたくさん売れて欲しい、と思っているのかもしれません。

最新モデル Apple MacBook Air (13インチPro, 1.1GHzクアッドコア第10世代のIntel Core i5プロセッサ, 8GB RAM, 512GB) - シルバー
Apple(アップル)
¥148,280(2020/05/22 10:28時点)
True Tone テクノロジーを採用した、目を奪う 13.3 インチ Retina ディスプレイ
最新モデル Apple MacBook Air (13インチPro, 1.1GHzクアッドコア第10世代のIntel Core i5プロセッサ, 8GB RAM, 512GB) - ゴールド
Apple(アップル)
¥148,280(2020/05/22 10:28時点)
True Tone テクノロジーを採用した、目を奪う 13.3 インチ Retina ディスプレイ

COMPUTER
この記事をシェアしてくれると、とても嬉しい😆
いろんな WAVEFORM LAB をフォロー!
波形研究所 所長

WAVEFORM LAB(ウェーブフォーム・ラボ) は音楽制作、デジタルライフ、イノベーションをテーマとするサイトです。

1997年、伝説の PDA、Apple Newton にフォーカスした [email protected] を開設、Newton や Steve Jobs が復帰した激動期の Apple Computer のニュースを伝えるサイトとして 200万アクセスを達成。2001年からサイトをブログ化、2019年よりサイト名を WAVEFORM LAB に改称、気になるネタ&ちょっとつっこんだ解説をモットーにサイトを提供しています。

いろんな WAVEFORM LAB をフォロー!
WAVEFORM LAB

コメント

タイトルとURLをコピーしました