iPad mini のサイズ感は抜群なんだがなぁ、とあらためて思う

投稿日: カテゴリー: PDA / iPhone / iPad / Apple Watch

iPad mini

iPad の新モデルが出た。Apple Pencil に対応しており値段的にも魅力がある。おそらく WWDC までには新しい iPad Pro が発表されると考えている。おそらく新しい iPad Pro も現行の iPad Pro より何か、iPad との差別化点を強化してくるはずだ。そうすると、新しい iPad ファミリーが揃うことになる。

そこに iPad mini は存在するのだろうか? という話だ。

最新モデルだが、今となっては買い換えることができない iPad mini 4

現在の iPad mini 4 は2015年9月に発売開始されたもので、フルラミネーションディスプレイ採用しているものの、プロセッサは iPhone 6 世代の Apple A8 だ。iPhone 6 より広いディスプレイを搭載しているだけに、さすがに今買うには躊躇せざるおえない機種だ。2015年に買ったユーザは本当に幸運だと思う。

iPad mini が好きながら僕はモデル移行に失敗している。僕が持っている iPad mini はなんと初代機。2012年のモデルだ。搭載されている A5 はなんと iPhone 4S 同等のもので、iOS 9 でアップデートが止まっている。最新のソフトも動かないし、特に音楽系のアプリが全滅、というのは辛い。この1年はほぼ引退していた。

何で今だに初代機を使ってるんだ?と思いかえすと、やはり iPad はモデルチェンジにおける差別化や付加価値が少ないんだと思う。タブレットの販売というのは基本、買っていなかった人がはじめて買う層が一番多くて、買い替えがなかなか進まないんだと思う。例えば、今回の iPad が Apple Pencil が使えなかったら、こんなに話題になんかならないだろうし、売れ行きもイマイチだっただろうと思う。

やはり、iPad mini サイズは使いやすい

ここのところ、iPad Air 系列のモデルを使っているんだけど、MacBook と一緒に持ち歩くとさすがに重い。その点、iPad mini のサイズは軽くて使いやすい。移動中や空いた時間に Amazon プライムビデオを観たくて久しぶりに iPad mini を持ち歩いてみた。これがいい。実にいい。

例えば電車の中でビデオを観るには iPad 9.7インチや iPad Pro 10.5インチはやはり大きすぎる(ここで電車で 12.9インチで平気な人はおいておこう)。ホテルでベッドに横になりながらならともかく、片手で持って立ちながら操作するなら iPad mini のサイズが最適だ。

PDA的な使い方をするのも iPad mini の方がエレガントだ。仕事で iPad を「よっこらしょ」と出してくるより iPad mini の方がサイズ的にも出しやすい。最近、老眼がひどいので iPhone X でも画面が辛い。iPad mini くらいあると本当に助かる。

逆にパソコンの代替に iPad mini というのはやはり少し小さいのかな、とも思う。iPad mini で教育市場を狙うわけにもいくまい。Apple Pencil で詳細な絵や文字を書き込むには iPad 9.7 くらいのサイズは必要なのかもしれない。モデル集約するならば iPad mini は確かに中途半端なんだとも思う。

けどね。紙やノートには A4 / B5 といったサイズわけがされている。たった 3-4cm の違いでコンピュータのサイズバリエーションに比べれば微妙なサイズ差だけど、これらのノートをごちゃまぜに使う人はいない。両者で書き込んだり表示するスペースは圧倒的に異なるし(ノートは開くと倍に大きさになるし)、それによってノートの機能性や役割、性格も変わってしまうからだ。長い紙の文化の中で残ってきたサイズバリエーションはやはり意味があるんだと思う。

圧倒的。なのに、スモール。というのが iPad mini4 のキャッチコピーだ。当時は「圧倒的」な方に重きがあったのかもしれないが、「スモール」の方もなんとか継続して欲しい。iPad Pro ファミリーに iPad mini サイズを追加してくれると、Apple は粗利的に、ユーザは利便性的に Win-Win になるんだけどなぁ。儲かっているんだから営業利益率ばっかり気にしないで、使いやすい iPad ファミリーを出して欲しく思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください