iPadOS 13.4 – ポインタやキーボード対応を強化、今後の iPad 用外部キーボードはトラックパッドが必須に(mokibo 動作確認も掲載)

PDA / iOS Device / Apple Watch

iPad カーソル

iPadOS 13.4 ではキーボードやポインタ系の機能強化が行われるのは各所で話題になっている通り。iPad Pro だけでなく、iPad や iPad Air、iPad mini など、iPadOS 13 が動作する対象機器でこのアップデートの恩恵が受けられる(はず)。

iPadOS 13.4 では噂のトラックパッド対応はポインタサポートを強化、加えて外部キーボードのショートカットやキーアサインが強化される。

トラックパッドは新しい Magic Keyboard for iPad Pro に加え、Magic Mouse 2、Magic Trackpad 2 やサードパーティのトラックパッドやマウスに対応している。

トラックパッド・マウスなどポインタ系の強化

iPad アクセシビリティ
対応するトラックパッド、マウスをペアリングすると、アクセシビリティポインタコントロール という項目が出現する。ここで調整できるのは下記の通り。

  • コントラストを上げる
  • 自動的にポインタを非表示する時間
  • ポインタの外枠のカラー
  • ポインタのサイズ
  • ポインタアニメーション(マウスオーバーした時のアニメーション)
  • スクロールの速さ

iPad アクセシビリティ

加えて、AssistiveTouch 設定 では、追加ボタンのカスタマイズ(Magic Mouse では2つのキーをアサインできるよね)。手元の Magic Mouse では「なぞってスクロールする」はアサインできないのでちょっと残念(スクロールはクリックしてマウスを上下させる)。Magic Trackpad では二本指によるスクロールも動作した。

ちなみにカーソルが指した場所はバックグランドカラーが付いたり、アイコンだったら少し大きくなったり揺れたりする。

テキストの編集はトラックパッド・マウス対応により劇的に改善された。ポインタをテキストに持ってくると、ポインタが「|」表示になり、普通の macOS のようにテキストの一部をクリック&ドラッグで簡単に選択できる。マウスだと副キーでカット・コピー・ペーストなどのコントローラーを表示できる。これまでテキストの選択には苦労していたので、この機能は最高だ。iPad のテキスト編集は実用レベルに強化されたと思う。

キーボード系の強化

キーボード系としては外部接続キーボードへの対応が強化されている。アクセシビリティキーボード を開くと フルキーボードアクセス という項目が現れる。iPad 特有のショートカットや、キーボードのショートカット編集などを設定できる。

トラックパッド機能付きキーボード mokiko も対応

mokibo

以前紹介した mokibo の対応状況を確認した。とりあえずポインタも含めて動作する。が、ポインタはやはり Magic Trackpad が快適だ。Magic Trackpad の性能がいいためと思われるが、今後の iPad 用キーボードは mokibo 含め、トラックパッドが必須になると思う。

PDA / iOS Device / Apple Watch
この記事をシェアしてくれると、とても嬉しい😆
いろんな WAVEFORM LAB をフォロー!
波形研究所 所長

WAVEFORM LAB(ウェーブフォーム・ラボ) は音楽制作、デジタルライフ、イノベーションをテーマとするサイトです。

1997年、伝説の PDA、Apple Newton にフォーカスした [email protected] を開設、Newton や Steve Jobs が復帰した激動期の Apple Computer のニュースを伝えるサイトとして 200万アクセスを達成。2001年からサイトをブログ化、2019年よりサイト名を WAVEFORM LAB に改称、気になるネタ&ちょっとつっこんだ解説をモットーにサイトを提供しています。

いろんな WAVEFORM LAB をフォロー!
WAVEFORM LAB

コメント

タイトルとURLをコピーしました