NAMM つれづれ

RECORDING

新製品発表が多いイベント。ひとつひとつエントリーにするとすごいことになるので、気になったものをピックアップ(随時更新)。

  • Scarbee Vintage Keyboard Collection
    これ、欲しい。Fender Rhodes のサンプリングネタとして気になっていたので、Scarbee の Rhodes Stage Piano MK1 と Wurlitzer 200A に加え、Hohner Clavinet D6 と Hohner Pianet N が収録されているんだから期待が高まる。$449。微妙な価格だがバラで揃えることを考えれば安い。 Halion ベースというのがちょっぴり不安。

  • Stylus RMX
    Rock On カンパニーのレポートもチェック。 Stylus RMX に可能性を感じてます(笑)。基本的にはグルーブボックスのソフトウェア音源なのですが、音ネタを CHAOS DESIGNER で変化させたりとバリエーションを作ることができます。で、何より、それを MIDI でダイナミックに書き出して(というか、ホスト DAW にドラッグ&ドロップ)使うことができるんです。フレーズはホストの dp で操作したいので便利。狙ってます。

  • BEHRINGER が BOSS クリソツエフェクター
    同じく Rock On カンパニーのレポートによると、BEHRINGER が BOSS のコンパクトエフェクタークリソツのシリーズを発表しているみたいです。すげーな。問題にならんのか?

  • Roland の Vocal Designer
    Roland の新製品である、 Vocal Designer にも注目。高性能ボコーダーのようですが、人の歌声を合成する Vocaloid が PC にしか対応していないので興味があります。家で作っているのはインストものばかり。構成が辛いので、ちょっと歌風フレーズを入れたいなんて時に良さげ。
RECORDING
この記事をシェアしてくれると、とても嬉しい😆
いろんな WAVEFORM LAB をフォロー!
波形研究所 所長

WAVEFORM LAB(ウェーブフォーム・ラボ) は音楽制作、デジタルライフ、イノベーションをテーマとするサイトです。

1997年、伝説の PDA、Apple Newton にフォーカスした [email protected] を開設、Newton や Steve Jobs が復帰した激動期の Apple Computer のニュースを伝えるサイトとして 200万アクセスを達成。2001年からサイトをブログ化、2019年よりサイト名を WAVEFORM LAB に改称、気になるネタ&ちょっとつっこんだ解説をモットーにサイトを提供しています。

いろんな WAVEFORM LAB をフォロー!
WAVEFORM LAB

コメント

  1. tab より:

    BEHRINGER のサイトは CG でしょう。
    が,ロックオンリポートの画像で(写真)も竜頭が無いです。 使い捨てかも?(違うなぁー)
    # BEHRINGER のサイトでは \ 4,095 – \ 5,145 。

  2. レンダリングだよね、あれ。レンダリングの通りだったら AC 経由のみかな(爆笑)。

  3. tab より:

    BEHRINGER のコンパクトエフェクタ。
    いいですね、ここまでくるとリッパかも。
    ロックオンリポート経由で BEHRINGER のサイトを見ると「このサウンドペダルは Boss® xx-X を元に開発されています。」しっかり書かれていますし。
    で、ペダル下部に竜頭が無いようだから、バッテリはどうやって交換するんだろ?
    余計なお世話かな?(笑)

タイトルとURLをコピーしました